Hatena::Groupculdcept-ds

夜喰兎対戦考察

2008-11-12

ともだち対戦

21:00 | ともだち対戦 - 夜喰兎対戦考察 を含むブックマーク

スヴニールさん、火

スジコさん、地

1~10

序盤はスヴニールさんが若干手札事故りながらもだいたいみんなばら撒きに成功。

11~20

15ラウンドあたりに、成長させようと攻め込んだウィプスが返り討ちにあり、没落。

3連鎖を作りつつ、徐々にLvをあげていく。護符を買っていたのでなんとか便乗に成功。

が、成長させていたウィプスをスジコさんのクレリックに食べられてしまい土地が厳しい状態へ。

急いでリンカネーション手札をまわしキメラを強化、さらに地変で火の土地を確保。

20~30

スジコさんがガーゴイルにフージョンを持たせ、スヴニールさんの連鎖侵略

クレリックで左右の高額領地をも狙っていきます。

さらに、地の3連鎖を自らの護符をもってる状態であげていき、スヴニールさんに並ぼうとしていきます。

31~40

自分とスジコさんでスヴニールさんの高額領地を一気に壊滅状態へ。

これで今度はスジコさんが目標を達成したのですが、ここであきらめるわけにはと

ひっそり生き残ったウィスプをLv5へ、さらにぎりぎりで連鎖を2へ。

ここで1.1が出なければスジコさんの勝利確定のところが、なんと出てウィプスへ。

これで逃げ切りを決めて勝利をなんとか収めることができました。

最後まであきらめないことが大事ですね。

スヴニールさんのところがファルコンソード使えば実は落ちたり、最初のウィプスもむざむざ死なせたり、無駄が多かったです。

もともと無駄が多いブックではあるのですが。

下駄さん、風(先制タイプ)

こまいぬさん、火

外鴨なきくさん、風無ばら撒きモスマン

1~10

序盤からマジックダイスがころころと周りだいぶ安定した配置ができてきます。

11~20

風でなきくさんと下駄さんが若干かぶりながらもなきくさんが細かくレベルをあげていきます。

またこまいぬさんも連鎖のできたケットシーをちょこちょことLvあげ。

配置したクリーチャーを片っ端から地に変えてる自分はこの10ラウンドはほとんど総魔力があがらず、700~1000近い差がつきます。

21~30

狙われる可能性のある、Lv3.4あたりの土地をうまくランドトランス天然ラントラで安全な場所のLvあげていき、どうにもなきくさんを止めにかかれません。

さらに徐々にLvをあげていたケットシーをこまいぬさんがLv5にすると、ぴったりとなきくさんが止まり、モスマン侵略成功させます。

奪った火土地を風にすると一気に目標魔力達成

これはまずいと、手札ランドトランスが来たところで動き出そうとしたのですが、残り魔力の関係でLv5まであげられずLv4止まり、周回をできるかな?

と思いつつラントラを目指すと、風に変化させたモスマンへ。

これはヘッジフォックの反射で倒せるのか?と思ったのですが、あとHP5残るという。あの無色クリーチャーが残っていればなんていう結果でした。

総魔力が5000Gを越えていたこと、手持ちのヘイスト、手持ちでLv3まではあげられた?ことなどを想定すると、無理せずにいけば勝つ可能性はそっちにもあったのかなぁ?

とりあえずモスマンSTがいくつになるかぐらいはしっかりチェック入れるべきでした。

最後にはリコールでしっかり決めたなきくさんの勝利。

バンパイアリーグ

02:13 | バンパイアリーグ - 夜喰兎対戦考察 を含むブックマーク

EGAさん、水

すみれさん、ウィビルカタス

風来のシュンさん、水風

1~10

序盤からEGAさんがうまいこと水の連鎖を確保。

自分もウィプスが前半から引ける恵まれた状態でまず一度ミューテーションをかける。

11~20

拠点候補たるキメラ配置ミューテーションからソウルポットをもって

すみれさんのバルタンダースへ。

ダークマスターとなり危うく返り討ちにあいそうになりましたが、これでHP90の先制拠点が完成。

シュンさんのクリーチャーの横においたウィプスがグレムリンアムルを使われず生き残る事に成功し、その戦闘で100,隣のクリーチャーサキュバスリングをもって100,さらに帰りに殴って90の大きな収入を得てEGAさんと並びます。

21~30

キメラの隣に置かれた危険なフレイムウィビルバインドミストで押さえ込み、

キメラ侵略

リンカネーションから引いたルナティックヘア、さらにウィークネス

これはLv4になったアンダインへかけると、ダイスも吸い込まれるように・・・

これで一気にアンダインを落とします。

さらに、EGAさんの起死回生にLv4ウィビルへ攻め込んできたクレリックは今日は不発。

昨日のしょげた気持ちも遥か昔のように、喜びつつ31ラウンドで勝利を収めることができました。