Hatena::Groupculdcept-ds

アトラのマインは城に置け - 八朔家に古くから伝わる家訓

2009-06-22

[]対戦会アンケート回答

あなたは今、積極的に対戦会に参加していますか?

 

カレンダー掲載分の5月以降から。

 

皐月杯→参加

マジカルワールド→不参加

GPアリーナ7→参加

魔鰊転生→不参加

ピケット杯→参加

スカイ杯→参加(3/5戦参加)

神の石版→参加(不屍人で1戦だけ)

聖者の行進→参加(3/7戦参加)

新大陸ミニトーナメント→参加

 

こんな感じです。

極力参加したいのですが、最近は予定が合わない事も多く、自分が満足できるほど積極的には参加できていません。

 

どんな対策を行えば、部内対戦会の参加人数が増えると思いますか?

自分自身は、使用ブック以外の事前準備をあまり必要としない対戦会のほうが参加しやすいと思っています。

 

ギリギリの真剣勝負の対戦会をもっと増やしてほしいと思いますか?

現状で満足しています。

対戦に参加するからには戦術面・体力面でしっかりと準備をしたいです。

最近、それができなかったので参加を見合わせた対戦会がいくつかあります。

 

のんびり楽しむお祭り的な対戦会に参加したいと思いますか?

今は、あんまり……といった感じです。

むしろ対戦会として事前に計画を立てるのではなく、地雷対戦のようにその場でメンバーを集めてゆったり対戦をやるほうが好みです。

 

特殊なレギュレーションの対戦会に参加したいと思いますか?

予定が合えば参加したいですが、そのレギュレーションに興味を持てるかどうかでモチベーションが変わってきます。

レギュレーションを考えた方の思惑がしっかりと伝わってくる対戦会は好きです。

そういった意味で『聖者の行進』は楽しませていただきました(7戦消化できなかったのは残念でしたが……)。



[]とりあえずダンボール買ってきた

最初は(詳しい事情を知らないなりに)対戦会とそれに伴うコミュニケーションの在り方とか真面目に考えていたのに、気づいたら徒歩片道40分のホームセンターへ向かっていました。

自分の中で考えられる物事の許容量を超えてしまうと、現実逃避でダンボールを買ってしまうらしいです。一種の帰巣本能でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回よりも更にチープな出来に。

このままバージョンアップを続けていくと、最終形態はダンボールガンダム男にしかならないんじゃないかと危惧。

 

 

 

 

 

……えーと。対戦会。えーと。

 

あ、コミュニティ対抗戦、参加したいです。

地雷職人とか、新コミュでマインジャー作るとか。その他いろいろ。

パトルギアaパトルギアa2009/06/23 08:26ぜひあなたと合体したいです!

wednesday1976wednesday19762009/06/23 09:16とりあえず、ダンボールは家の中での着用オンリーでw
駅とか路地では間違われちゃうんでダメ絶対><

chintuchintu2009/06/23 10:311万年と2千年前からし・ろ・マ・イ・ン~♪

tendon-blocktendon-block2009/06/23 12:47相変わらずのりのりですね^^:

okome5okome52009/06/23 21:44八朔さんみたいな兄貴がいたら楽しいだろうなぁといつも思ってます。弟さんがうらやましいです
僕も八朔さんにぜひ見せたい写真があるんですけど
デジカメって難しくていつの日かupしたいと思ってます

ichi456ichi4562009/06/23 22:09是非地雷職人からおねがいします~

マイン知ぃた~そ~の~日からぼくのブックに地ぃ雷は~たえな~い

oudo_001oudo_0012009/06/24 06:23>パトルギアαさん
創聖のパンドルギア――!

>ダイジさん
「バトルギアβに」間違われるのでしょうか。
それとも……、いや、なんでもないです。

>ナユタさん
8千年過ぎた~ころか~らリコール捨てたくな~った~♪

>ジャコウ総督さん
写真を撮っているときはノリノリなんですが、
日記を書く頃には死にたくなっているのが人生の機微です。

>たかしさん
弟に限らず、多くの知人から
「遠くで見てる分には楽しい」とよく言われます。
バトルギアα(仮)の公開、楽しみに待っています。

>いちさん
すいません、どうやら新規コミュニティからの参戦になりそうです。
コミュ戦当日は対戦よろしくお願いします。

ラウンド始まりの~日ぃ~ マインを城の~下~へ~♪

2009-06-10

[]Wi-Fi

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む