Hatena::Groupculdcept-ds

巻物裏の落書き DS

2008/12/06

ハイプサイクル

入口を大きくアケローン





冥界と現世の境界っていうと怖そうなイメージですけどね。


部室の扉の敷居をもっと入りやすくしよう

・で、どんどんホムンクルス召喚しよう

召喚したホムンクルス戦闘に参加させよう


なんて企みの部活動を私は勝手に応援いたします、な話。


ハイプサイクル(hype cycle / ハイプ曲線)というIT業界の用語があります。


話題や評判が先行する新技術が実際に普及するまでの間、その期待が時間経過とともに、どのように変化するかを示した図、またはサイクルのこと。


http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/hypecycle.html から引用


ごく単純にまとめると、このような感じでしょうか。

・「過度に期待された」時期"流行期"

・「実際は大したことない」とバッシングされる"反動期"

・実態に相応しい安定した地位を得るようになる"安定期"

・”流行期”が無い、”反動期”で滅びることも良くある

・評価対象が、どのフェーズにあるか見極めましょう


ふむ、なんだかブックの流行り廃りにも当てはめることができそうです。

ま、でも「メタゲーム」の話は脇に置いときましょう。


カルドセプトDS」そして「セプト部」のハイプサイクルについて考えてみます。




まず、カルドセプトDS


ソフトの売り上げ本数の推移は、一段落しているでしょう。

全国大会のWi-Fi予選がはじまり、オンライン対戦人口はまだまだ多いと思われますが、故意と思われる切断などに幻滅しているプレイヤーも多いかと思います。


すでに流行期から、反動期への下り坂を転がっていると見ています。*1


比較的ライトなプレイヤーは自分の好みの対戦条件試合ができないノーマルフロアマナーに問題のあるプレイヤーが少なからずいるランキングフロアに耐えられないでしょう。


コアなプレイヤー層は萎える要因が多い野良対戦よりフレンド戦に閉じこもっていく流れが否定できません。


二極化。

「一部の」熱狂的ファンに支えられるカルドセプト。これまでも、いつまでも。


そして、セプト部

部員は順調に増加していますが、組織の拡大につれ、やはりアクティブな層と幽霊部員への二極化が進んでいないか、といった懸念が浮上してきました。


まだ流行期の頂点に達したとは思いませんが、母体のカルドDSが反動期で縮もうとしている今、まだ追い風のうちに中身を充実させる必要がありそうと危機感を抱いた方達が、色々動き出しています。


それが、セプト部保健室(仮)であったり、90秒熟考対戦 (仮)であったり。


自分はセプト部に、オンでの「ゆるいつながり*2」を提供しつつ、いつの間にか底無しの深淵に引きずりこむような、ポータル的な役割をすごく期待しています。


で、新しいセプターとの交流を純粋に楽しみながら、自分が育てられたお返しをコピーレフトしたい。


多くのセプターが大会モードの現在、新しい企画は時期が悪いという一方、今の状況を良く見て、やるべきこと、やれること、を考えて協力したいですね。

なんか改めて文章にしてしまうと押し付けがましくて、恐縮ですが。


そこでROM派の方達に向けて、編集班あたりの動きを追いかけて意図を考えてみると面白いかもしれませんよー、と虚空に語りかけているのです。

地方予選会場に足を運んだりするのも、カルド好きなら一度やってみて損はありませんよー。


自分も舞台に上がってみると意外とハードル低くて思った以上に楽しいものです。

まずは「部室に足跡残す」ぐらいでも反応あるかもしれませんね。

*1:2ch などの空気を読み取れる情報をロクにヲチしていませんが・・・

*2:「ゆるいつながり」と「ユルい空気」は違います。多分。

Fira_dsFira_ds2008/12/10 12:28ぷちなんさん、紺碧のフィラです。
先日のファミ通カップでは貴重な名詞をいただきありがとうございました!
お誘い頂いたセプト部、12月に入りアカウント作成できました。今はみなさんの日記を興味深く読ませていただいてます(ROMにならないようにがんばりたいです)。

オンラインに参加している人数を知るには公的情報としてはランキングの最下位の方の順番(あとカルド総研に出た情報)しかないですが、それを見る限りでは、10月どっと来た後、11月に入り安定して参加されているように思いました。私も身の回りの人たちにカルド買わせ運動してます。(2名買いました~)買ってはまりそうな人の感じがだんだん分かってきました。

それはそうと、あれから、サーガの完全攻略本も入手したのですが、「ぷちなんさんも、この書籍の作者の方々のお一人だったのか。。。」と、感慨新たに致しました。
今後とも、よろしくお願いします。

Fira_dsFira_ds2008/12/10 12:30セルフ誤字 ×名詞 ○名刺 すみません…

putcharputchar2008/12/14 21:01> フィラさん
東京予選の時はどうもです。
「カルドで人生が変わった」一助になれば幸いです。ニヤリw