『さやけき夜に』 song by rahpsody このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-06

もりかる反省会

19:04 | もりかる反省会 - 『さやけき夜に』 song by rahpsody を含むブックマーク はてなブックマーク - もりかる反省会 - 『さやけき夜に』 song by rahpsody もりかる反省会 - 『さやけき夜に』 song by rahpsody のブックマークコメント

まったく14戦もやって2ポイントとは…

2位二回の人と一緒とは凹みます。

  

まあ運が超絶に悪かったといえばそこまでなんだが…

それじゃあダメっぽなので敗因の分析でも、

  

まあとにかく高額地を良く踏んだ

まあでもこれはいつもと一緒と考えよう、咲って麻雀漫画の主役がやたら嶺上開花をつもる特殊能力を持ってるのだが、これがカルドで僕の場合は「やたら人の高額地を踏む!(できたばかりだと確立が高い)」という能力だと思えばいいのだw

  

さてじゃあどういう対策をすればいいのか?

  1. スペルを温存しておきかわす
  2. 相手領地を落とせる手札を保持しておく
  3. 妨害スペルで何とかする

まあいろいろあるけどこんなところがメジャーだろう

  

今回のもりかるは限定されたブック構築が必要だったのでこの辺に負けが込んだ原因がありそうだ、あとギルマンといMAPの構造にも翻弄されたかも

  

まず1、便利な足スペルは点数が高いとはいえやはり素ダイズで回るのはつらすぎるギルマン。また運の悪い僕は転送円にもよく嵌まるので転送円対策のスペルも含めこれらはサボらずにがっつり入れた。たぶん成績上位者のブックもみても一緒だろうと思う。

  

次に2、たぶん人と違うならこの部分だと思う。僕のブックは他の人よりアイテムが2~3枚は多かった気がする。マサムネとかブラッドスポイルなど攻撃用を入れてたのはもしかしたら僕だけだったかも…

当然相手も防御対策してくる訳だが、ここで普段ならシャッター破壊とか空侵攻してアイテム浪費させるとかをやるのがパターンなんだが…

今回はシャッターが4点という事でいれるのが難しく思うように侵攻が決まらない事が多かったかも?

特にザ・ハンド(2点)<シャッター(4点)の差が効いていて、アイテムをもって侵攻は非常につらかったかも?

まあギルマン転送円と祠に挟まれていてテレポートを使った領地支持がやりにくく、テレポート転送円対策に温存しなくてはならないために空侵攻もつらかった。

  

でとっとと3に以降すればよかったのだがブック作るのが間に合ってなかった。

で上手く走って守って勝たれるパターンができれば勝てるのだが…それをやろうとすると途中でこけちゃう僕にはつらいレギュだったのかも?

ここは気を取り直してメガテンの新作でも買おうと心に決めた秋の日でした。