Hatena::Groupculdcept-ds

スジコの魂100まで

2008-12-10

12月10日の茶友会

| 15:14

久しぶりに茶友会に参加してきました。


アリーナ1 7000 30秒

1番手 カミーラさん(id:eryute) 先制ライフォ

2番手 にゃきさん(id:nyaki-zou) 火単

3番手 自分 地単


カミーラさんが序盤からクリリンもとい、クンフーモンクばらまきマップクンフーモンクだらけに。にゃきさんは火土地に置きつつ護符を購入。手札にはコブラッション。

自分はうまくクリーチャーが置けず、南の地護符を買うもカミーラさんに地土地を2つ奪われる。

 カミーラさんがライフォを使うも、にゃきさんがHWXで即消し。そのあとも、ライフォを打つたびににゃきさんが消していく。


中盤、2人が3000越え。自分は1000ちょい。

土地は諦め、比較的空いている北土地へ移動。

自分のブック防御型侵略は捨てているため侵略土地を奪う事は不可能。あまり目立たないようにGを持たないようにしながら潜伏することに。


後半、カミーラさん、にゃきさんが1位争いをしている間に北土地レベルを上げトップに。

土地は2人の高額地が乱立し通るのが恐ろしい状態でしたが、手札パーミッションが3枚あったので北を周回しまくる。

5000を超え、次の周回領地コマンド地変ラントラが出れば目標達成できそうな感じに。

勝ち筋が見えた!

と思った瞬間、回線落ち……。

素晴らしいオチをありがとうございました。


その後、にゃきさんが周回すればゴールだったようですが、ボクの高額地を踏みAIが1位になったようです。

おしいところをAIに持っていかれた!!


目標魔力が7000だと、最初沈んでいてもなんとか巻き返せそうな感じでした。

とにかく目立たずじっと息をひそめる。これが大切ですね。

あと、AIは容赦がない。

これ、注意です。

eryuteeryute2008/12/10 17:33今日はお手合わせありがとうございました。次は勝てるように頑張りたいと思います。ところでチャットのときに返答しそこねたのですが「桃太郎ブック」とは桃太郎の話にそって構築された完全なネタブックです。内容については私の日記のほうに記載しております。機会があれば桃太郎ブックで対戦いたしましょうw

nyaki-zounyaki-zou2008/12/10 20:52スジコさんが落ちた後、AIはカミーラさんのトキシンフラワーをマンドレイク+ポールスターで自爆でふっとばし、北のウーズをガン上げして、それを私が踏みました…。
時にAIは本人より容赦無い手を打ってきますね(´;ω;`)
私が部屋主の時にスジコさんが落っこちることが多いような気がするので、次は他の方に部屋主お願いしたほうがいいかもしれませんね。今度ご一緒するときに、忘れてたらツッコンでやってください。(私トリ頭なもので…)

2008-12-06

若干レベルアップ?

| 18:24

日記を書かなくても、どんどん日にちは進んでしまいますね。

頑張って書こう。うん。


最近はマップに合わせたブックを作ろうをコンセプトにアリーナ1ブックを組み立てては、ミランダ相手に練習。

年の暮れは忙しいので、なかなか対人戦が出来ないのが辛いところですが、CPU相手だと熟考できるので、そう悪い事ばかりでもないかと。

護符ラントラと今まであまり使ってこなかったテクニックを自分のスキルを一段上げるためにここで克服しなくては! と躍起になってブックを組み立てては見直し、組みたててはばらしの毎日。そして、なんとなく結構いいんじゃないの? というブックが完成しました。

こいつは是非とも対人戦で使いたい! と部室に入って部長id:weathering)の募集に乗っかり参加したら、マップがジャンクションでした……。

まだそこまでたどり着いてないんだわさ……。

でも、今までやった事は無駄ではなかった。

連鎖を組む、お金を稼ぐ、土地レベルを上げる。

すごく基本的な事なんですけど、なんかそれがすんなり出来るようになっていました。

あ、普通に戦えるようになっているぞと。

ここのレベルを上げようとか、この土地は隣に怖いのがいるからやめておこうとか、このカードは切らないで持っておこうとか、そういうのが分かるんですよ。

何を今更って事なんですけど、自分はそこまで辿りついていなかったんですね。

そして、ようやくそこまで辿りつけた。

とかいいつつ、計算ミスして無駄な移動侵略とかしましたがね……。


この調子で、頑張っていこう。

ミランダ相手に。

2008-12-01

90秒熟考対戦(仮)

| 20:51

久しぶりに部室に顔を出したらお茶会が開いてまして、仕事から帰ってきてそのまま参加。

その時の試合の内容を書こうと思ったのですが、試合部室にて軍艦甘えびさん(id:thereminvox)が発案した、『90秒熟考対戦(仮)』の話が上がりまして、スタッフを募集しているという事で僭越ながら参加させていただきました。


基本、自分が昼間に活動しているためなかなか企画のお手伝いをしたいけど出来ないという状況が多かったので、今回はやってみようと。

自分めっちゃ初心者です。たいした事が出来るとは思っていませんが、もしカルドセプトを初めてプレイしてやり方も分からないままボコられて、「このゲームつまらないな」と思ったら、それってすごく損してるんじゃないかなと。

自分も、このサイトに出会っていなかったらたぶんすでに売りに出していたと思います。本当の面白さに気付けないまま。

そんな自分だからこそできる事もあるんじゃないかなと思ったりなんかしちゃったりして。


こんな人間でもスタッフとして参加しています。そこにいる優秀なアナタ。アナタの参加をきっとお持ちしておりますよ!

thereminvoxthereminvox2008/12/04 11:40こんな人間でもーなんて言わないでー。
手伝いますって言ってくれてすげーうれしかったんですよぅ。
今テスト対戦とか始まりつつあって、実際にこんなことしてみようっていうのをまとめてます。
idコールでお知らせするんで、これからもよろしくお願いします。

2008-11-22

霜月杯

17:14

霜月杯の1日目に参加してきました。って言っても、3日間ずっとやってるんでまだ開催中ですけどね。

というわけで、レポートなどなど。

1回目

 hsuさん(id:hsu_mai) きびさん(id:Kibi


ボクがカルドDで覚えた事は


1、連鎖を作れ

2、連鎖を守れ

3、妨害するなら自分の資産を上げろ


他にも色々あるのですが、主な部分はこの3つでしょう。

いろんな方の日記にも書かれていますし、基本的な事なんだと思います。

基本はすごく大事だと思っていますから、基礎を身につけるべくこれを基本方針として練習したりブック構築を行ってきましたが…………。


この試合は、正直手も足も出ませんでした……。


きびさんは残念ながら早々にAI化してしまい、自分とhusさんの半タイマンに。

自分は地単ブック侵略をほとんど捨て、とにかく領地を守る構成に。

husさんは焼きブック

へへッ、侵略してこないなら硬くても意味ないね。

最初の手札見た時点で、こりゃやばいそと思いました。なんとか対策を練らなければと。

しかし、妨害スペルが一個もなかった!

ですが、ネバーギブアップの精神が大切。店でシャッターを買ってはhusさんに撃ちまくる。そして、領地レベルを上げなんとか踏ませようと試みましたが、壊しても壊しても引いてくる、領地は分岐が多いのでかわされる。

そして、マップ全体が焦土と化しました……。人類は核の炎に包まれた。

自分、その時点で燃え尽きてしまいました。

一生懸命やっているhusさんに本当に申し訳ないのですが、残り10ラウンドを切り、トップとの差3000弱。

手札にはクリーチャーが2枚と、アイテム数枚。

こりゃ、ダメだわ。と思ってしまったんですね。


そのまま、husさんはゴール。2位はきびさんのAI。


分岐が多く護符のあるマップではスペルブックが出てくるのは当然のこと。

そこになんら対処をしていなかった自分の完全敗北です。

また一つ勉強になった!

焼きブックは怖い!!


2回目


行間が広かったり狭かったりで、キーッってなるんですけど気にせずに行こう!


 スヴニールさん(id:cosuta) 秋月さん(id:Akitsuki_DS) カタリナさん(id:shepherdess_Katharina


同じ轍は2度踏むまい!!

と思いブックを組みかえようとしたのですが、カタリナさんは初対戦だったので実力は未知数でしたが、スヴニールさんと秋月さんは明らかに自分より5段階位格上の相手。

もちろん素直に負ける気はありませんが付け焼刃が通用するとは思えないので、とりあえずクリーチャーが多すぎたので足まわりを強化。

焼かれたらその時はその時だ!

そして、対戦開始。

自分はまた地単。カタリナさんは火+地。スヴニールさんは迷った末に地単ブックを選択。

開始早々、「かぶったー!!」という悲痛な叫びが。

そして、秋月さんはスペルブック

でた、スペルブック……。

どう対処するのかスヴニールさんの方法をじっくり観察させて頂こう。


序盤、スヴニールさんはクリーチャーがでず手札にあったパーミッションを使い周回数を稼ぎます。一方、カタリナさんは順調にクリーチャー配置。同じく自分も地の土地配置していきます。

秋月さんは、3人が地でかぶっているのを見て、地の護符を購入。

いつ秋月さんが焼いてくるのかとヒヤヒヤしていましたが、手札にはそんなカードは一切なし。

足やグレイス、自分にGを還元できるカードばかり持っています。

どうやら、焼きとは違う種類のスペルブックのようだとは気づいたのですが、対処方法が全く分からないので、自分の土地連鎖してレベルを上げる事だけを考えます。


中盤、スヴニールさんが秋月さんにアタックを仕掛け、護符の買い合いに。

スヴニールさんが買った枚数が70を超えたところで、秋月さんのコラブションを喰らい大量に手放すことに。しかし、次のターンで今度はスヴニールさんがコラブションを引き、お返しとばかりに即打ち。秋月さんも大量に手放します。

秋月さんが地の護符を中心に買っていたので、カタリナさんは火に連携を作り護符を購入。順調に総魔力を上げていきます。

自分は、地の護符を秋月さんが大量に持っているので上げていいものかどうかビクビクしながらちょこちょこ上げていく。


終盤、西地区の地の土地を高額にしたスヴニールさんがトップにでるも、秋月さんが再び護符を大量購入し上げられない状態に。

しかも、秋月さんの手札にはドレインマジックが3枚あるため、ランドトランスも使えず伸び悩みます。

その間を縫い、カタリナさんが西地区の火の土地を強化し、1位に。

自分は、一瞬1位になるも横並びの3人の後ろを追想する形に。しかし、手持ち魔力も合わせればゴールは目前。

と、ここでレベル3の自分のドリアードが倒され、カタリナさんが目標魔力に到達。

そうはさせまいと、秋月さんとスヴニールさんも目標魔力を突破。

ラスト1

残念ながら自分はその戦いには参加できず、5800オーバーで終了。あとは、3人の足勝負に。

2番手だった秋月さんは、残り3マスで手札にはフライ

もしも2を出すとカタリナさんはに届くかどうか微妙な位置のため、スヴニールさんが有利に。

だが、そうはうまくいかず終始ダイスにも恵まれた秋月さんが7を出し目標魔力達成

4位が5800という大接戦でした。


すごい面白い対戦でした。

自分は4位でしたが、上級者同士の戦いはこういうものかというのを見せてもらったという感じですね。

スヴニールさんと秋月さんが互いに妨害しなければ、あと10は早く決着がついていたし、2人の間をすり抜けるようにしてトップに躍り出たカタリナさんの潜伏具合もなるほどなと感心しました。

この試合、全体の戦闘回数が3回とまたしても防御があんまり意味をなさない感じに。

自分のプレイスタイルにどうやって持っていくか、また相手のプレイスタイルをいかに崩すか。そういう事が大事なんだなと教わった試合でした。

今日は、勉強になったなぁ。

2008-11-20

CSSって

| 20:15

日記内のテーブルの色が気に入らなかったので、スタイルシートをちょこちょこといじってみる。

かなーり昔にやった程度なので、かなりうる覚え。

現代社会でロクにパソコンが使えないってどうなんでしょうかね……。自分の仕事は基本パソコン使わないからなぁ。

とりあえず変えてみたのですが、次回転載する時にこれかなりめんどくさいんじゃないの?

上手くやれば簡単なんでしょうけど、自分には無理だわ。

ちょっとスタイルシート覚えようかな……。