Weather Report : 部長日誌

2008-11-27

カードの枚数

| カードの枚数 - Weather Report : 部長日誌 を含むブックマーク はてなブックマーク - カードの枚数 - Weather Report : 部長日誌 カードの枚数 - Weather Report : 部長日誌 のブックマークコメント

1つのブックに入れれる枚数は1〜4枚ですが、欲しい枚数だけ持っていないという状況は除いて、僕の感覚ではこんな感じ。

4枚
(1) いつでも何枚でも欲しい、複数手札に来ても構わない、初手に欲しい
(2) ブックの根幹を成すキーカード
3枚
主力級のカード、適切なタイミングで手札に来てほしい
2枚
切り札的カード、ゲーム中に1枚は引きたい
1枚
いざという時の保険、あったら強いが無くてもいい

みなさんどんな風に枚数を決めてます?

ShunTheWandererShunTheWanderer2008/11/27 19:47概ね 上記の通りです!
僕の場合、未だ揃いきれなくて、4枚積みは偶にしかしませんが、上手い人ほど4枚積み多い様な気がする。
割り切ってるんでしょうね。

KaichiKaichi2008/11/27 22:26ん〜〜〜っとわたしの場合だと・・・
4枚は汎用性のあるカード。序盤、中盤、終盤いつ引いても使える。
3枚は序盤以外に活躍するカード。
2枚は「あったららくちんよね〜」で、1枚は夢。夢が詰まってる。w
こんなかんじかなぁあ

HarjieHarjie2008/11/27 22:26私も同感。調整の段階でいつの間にかこんな感じになってますね。
私の場合、4枚はMAP特性に合わせたものが多いです。

MALMAL2008/11/28 06:10はじめまして~
挨拶が遅れましたが、DSセプト部、すごく役に立たせてもらってます。
ありがとうございます!

さて、題名の件ですけども。
自分としては

4枚…それに特化したブックに入れる。基本的には入れない。
3枚…主力カード。
2枚…サブカード。
1枚…一発で戦況が変わる切り札。

という感じで入れてます。
クリーチャーならいいけど、スペルやアイテムはリフォームされると致命的なので、4枚はなるべく回避。
ただし、例えばジャンクションならリコールが非常に強いので、4枚いれてました。
なので、マップにもよりますね。

JosyuaJosyua2008/11/28 10:12スペルカードに限定すれば部長さんと大体同じですかな。ただ移動系や収益系スペルは欲しいからといって3~4枚入れするとは限りません。リープ系は多くて2枚でせうが、切り札というより序~中盤の土地確保&移動ぐらいなもので。
で、クリーチャーの場合はやはり違ってきますよね。4枚入れすればいつでも使える訳でもありませんし、バラ撒き要員の枚数が多めで、80G以上のカード、土地コストや生け贄コストのあるカードは2枚以下となり、様々な状況を見越して拠点用クリも分散気味にしています。

aduadu2008/11/28 10:43なるほどなるほど。
ワタシの場合はひとまず完成したブックから、
カードの意味を考えると記事のとおりなのかなと思うんですが、
ブックを作る段階では単体カードの枚数は気にしないです。
ブロックとしての枚数管理を50枚にする段階で見ますね。
撒き、拠点、即死、パッチ、移動、金、ドローなど。
そういう意味では「4枚」の意味は「他に選択肢が無いから」なのかも。

weatheringweathering2008/11/29 18:29みなさん、ご意見ありがとう。超参考になります。

僕の判断基準は、他のカードゲームをやっていた影響もあるかもしれません。他のカードゲームでは、たとえば「10枚でも20枚でも入れたいけど、4枚制限があるから仕方なく4枚で我慢する」みたいなブック (デッキ) 構築をすることが結構あるんで……。
カルドでは、たとえばもし5枚以上入れることが許されるルールが仮にあったとしても、コンセプトブックとかじゃない限り5枚以上入れたいカードって滅多にないですよね。そのへんはカルドのバランス取りが上手いということなのかな……。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/weathering/20081127