Weather Report : 部長日誌

2009-07-05

甘えびさんへの謝罪について

| 16:46 | 甘えびさんへの謝罪について - Weather Report : 部長日誌 を含むブックマーク はてなブックマーク - 甘えびさんへの謝罪について - Weather Report : 部長日誌 甘えびさんへの謝罪について - Weather Report : 部長日誌 のブックマークコメント

甘えびさんが内容の公開を求めたおられたので、直接メールなどでやりとりするのでなく、日記で謝罪と釈明をさせていただきます。

まずは知らないかたのために、僕が何をしたかという説明。ポイントは主に2つです。

  1. ヤマトさんが終了時間ぎりぎりに対戦卓を立てて、それに僕が参加して対戦を成立させた
  2. 大会が終了しない段階で、甘えびさんの勝利を望んでいないかのような発言をしてしまった

この大きく2つのポイントに関して、順番に釈明と謝罪をさせていただきます。

どこまで対戦を認めるか

トリデンテ最終日の卓立て時間を過ぎた朝6時頃、目が覚めた僕はパソコンを立ち上げ、結果を確認するために CMS にアクセスしました。すると甘えびさんがトップになっており、2位のヤマトさんが最後の卓を立てており、そこには3人集まっており、もう少し待っても来ないなら解散すると話していました。

終了時間 (卓立て時間) を過ぎたものに対し、僕が参加して対戦を成立させたことについて、甘えびさんから抗議を受けました。これについては反論という形を取らせていただきます。

僕が今まで開催してきた対戦会はほとんどすべて、終了時間は「卓を立てる時間」というルールでやってきました。ルールがまだ整備されていなかった発売初日の初期ブック対戦会などがありますから「すべて」とは言い切れないのですが、現在のようなフリーグ形式を作り上げてからは、あらゆる対戦会をそのルールで運営してきました。

明確な終了期限があるかないかと問われれば、ありません。明文化しているわけではありません。明文化されてないことは落ち度であったと今では思いますが、これまではケースバイケースで裁定を下せば対処できましたし、常識の範囲外の行動をとって主催者や他の参加者に迷惑をかけるような人もいませんでしたので、問題があるという認識が欠けていました。すみませんでした。

これまで、たとえば立てられた卓が何時間も対戦成立せず、3日くらい経っても延々と参加者を募集し続けていて、いつまで経っても大会が終了しない……なんてことになったら、話は違っていたでしょう。しかしトリデンテの最後の卓は定められた終了時間から数分が経過していたに過ぎず、そうした迷惑なケースには当てはまらないと考えました。迷惑なケースでない以上、対戦の成立に関しては特に問題ないと考え、僕は3つの選択肢を検討しました。

  1. 僕が参加して対戦を成立させる
  2. 成り行きを放置して見守る
  3. こちらから「あと30分待っても誰も来なければ終了してください」のように制限時間を伝える

しかし最後の卓の参加者の1人である素破さんが、あと少し待っても成立しなければ抜けたいという旨の書き込みをしていました。早朝という時間を考えれば当然のことです。他の参加者が加わるということは考えにくい早朝という時間帯もあって、実質的に次の2つとなったと感じました。

  1. 僕が参加して対戦を成立させる
  2. 放置して対戦を不成立にさせる

ヤマトさんが最後のチャンスをつかめるかどうか、自分に選択権が与えられていると感じました。もしかするとそれは事実でなかったかもしれない。けれど他にあの時点でチャットに発言する人がいないということもあって、僕にはそう感じられるに十分な状況でした。

あのまま対戦できず、諦めて中止となったら、ヤマトさんは悔しがっていたでしょうか。それとも時間が悪かったとすっぱり諦めてくれたでしょうか。それはわかりませんが、嬉しい楽しいハッピーという気分にはならなかったでしょう。それを考えると、そのまま対戦不成立になるのをただ見過ごすのは、積極的に選びたい道ではありませんでした。

1人でも多くのかたに参加してもらい、楽しんでもらい、最後まで全力を尽くしてもらいたい。そう考えて運営してきましたし、積極的に参加してくれる人の想いを裏切りたくはない。だから僕は最後の対戦に入ったし、今後もし同じ状況が訪れたとしても同じことをする……かもしれません。約束はできませんけどね。それが僕の、一個人としての行動原理に最も沿う行動ですから、今後も同じ状況なら同じように動くでしょう。自分が主催者であってもなくても、ね。

以上のことから、参加したこと自体については、情状酌量を感じて許していただけないでしょうか。ただ大会主催者としての立場を考えるならば、今後はそもそも同じ状況を作らないという方策が必要だとは思いますし、その点は謝罪したいと思います。

卓を立てるのは何時何分までとして、その後30分以内に4人が揃わなければ解散するものとして、卓を立ててから2時間以内に勝敗がつかなければ無効試合として扱う……という感じでしょうか。

そういうルールを先に作っておけば、同じ状況でも諦めやすさが違ったでしょうし、逆にトップで終了を見守る立場の人にとっても、そういう明文化があれば納得しやすいでしょう。この不備に関しては深く謝罪したいと思います。関係するみなさん、すみませんでした。

甘えびさんの勝利を望んでいないかのような発言

前提として、僕は甘えびさんの敗北を心の底から望んでいたということはありません。また他のかた、たとえばKOさんなどの優勝を望んでいたということもありません。特定の誰かを応援しているということは全くなく、多くのかたが楽しんでくれればそれで良かったし、それ以外の望みはありませんでした。

で。

僕はあの時、甘えびさんが4連勝という素晴らしい成績を残しているのを見て「おいおいすげーな、やるじゃねぇか」と思いました。しかし性根が歪んでいるのでしょう。素直に称賛できなかった。だから「誰か甘えびさんを止める人はいないの?」という方向性の発言を行ってしまった。

称賛できるよう矯正したほうが、世を生きるには都合が良いでしょうし、せめて無言でいれば良かったとは思います。そのような道を選ばず、甘えびさんに対して失礼なことを言ってしまったことは、本当に申し訳ありません。一連の発言が幼稚だったことをお詫びします。

自分の行動を釈明するならば、イメージとしては、たとえば野球の試合でホームランを打った打者がベースをぐるっと一周して帰ってきたとき、チームメイトがヘルメットを軽く叩くような、そんなつもりで声をかけたのでした。ホームラン打者のことを憎んで叩くチームメイトがいないように、甘えびさんを憎んだり嫌ったりしているためにあんな発言をしたわけではありません。

僕としては
 (A-1) 称賛の気持ちと、親愛の気持ちで
 (B-1) 軽く小突いた
というつもりでした。

それがきっと甘えびさんにとっては
 (A-2) 悪意をもって
 (B-2) 怪我をする強さで叩かれた
と感じられたのでしょう。

悪意も怪我をさせるつもりもありませんでしたが、結果的にそう受け取られてしまう発言をしてしまったのは、全面的に僕が悪かったと感じています。距離感の取り方、発言の内容、発言のタイミング、甘えびさんのあの時の心境などについて様々な考えが足りず、思慮を欠いた発言をし、不快な思いをさせてしまったことをお詫びします。

今さらということになってしまいますが、発言を全面的に取り消し、素晴らしい成績に対し心から称賛を捧げたいと思います。無傷の5連勝での優勝という最高の成績、本当におめでとうございます。また今後、甘えびさんに同じような発言を行うことはないよう、気をつけたいと思います。どうか謝罪を受け入れていただけると嬉しいです。

以上です。

thereminvoxthereminvox2009/07/05 22:07どうも。
んと、
1に関して。
部長が卓に入ったことに関して、なんも思ってないよ。
その卓自身が成立しているかどうか、に関して、抗議したわけで。まー自分は抗議したつもりはないけども、そう捕らえられても仕方ないと思うんで、反論しません。
今までの慣例に習って、というのも納得はできるが、明文化しておく、というのは大賛成です。
時間に関しては、すこし気にしたほうがいいのかなと思うところがある。
ムリして体壊すようなことを意図せず助長してしまうような結果はあんまりにも悲しい。
なので、少し意識していいと思う。

2に関して。
TOO SHY SHY BOYだったということですね、わかりま・・・え?ちがうの?
私がちょーナーバスになっていた、という部分を微塵にも見せない華麗な立ち回りをしたのもいけないと思うんですけど!え?ちがうの?

冗談はさておき、とても悩んだんですよね。
私の中で、
(部長の言うところの)ホームランでヘルメットコツンっていう感覚だろうな、
でも、どうだろ、私優勝しても盛り上がらないし、
主催者的には盛り上がり求めたいだろうし、
このままだと直接対決できるタイミング見計らって、
でも、家事終わってないし、
まさか、ホンキで思ってるわけじゃないよな、
でも、どうだろう、実際のところはわからないぞ、


といった堂々巡りを繰り返したわけですが。
それが怒りに変化し、消耗したわけです。
発言内容に関して、怒りに変わったけど、部長だってそういうノリで会話したいとか思うこといっぱいあるだろし、
そこを責め立てるのはイヤだなとか、なんか立場とかで括るのはまた違うし、でも、ちょっとひどいな、とか
もうね、そうとう考えました。



そして、殺気だったまま対戦して勝ったわけだ。
ある意味、勝ちに加担しているって言っても過言ではない。
だって、ああ言われて実際負けたら悔しすぎて、泣くわ!


というわけで、うまくは言えないてないんですけどね、葛藤めいたものがあり、状況的なものも関係して私の疑心暗鬼が招いた不幸ってことですね。
普段なら、そうはいかねーまけねー!くらいに言ってたんでしょうけど、私なりに執念があったので、こういう結果になりました。申し訳ないと思う部分も多い。
お互いいらん苦労をしたので、レバ刺しでも食べてゆっくりしてください。あ、私は松屋のキムカル丼食ったのでうはうはです。


はいこれでしゅーりょー。
あくしゅあくしゅ。

weatheringweathering2009/07/06 21:17今度うまい肉を送っておきます。

wednesday1976wednesday19762009/07/08 17:23山形牛食わせてくれる焼肉店行ったんだけど
あんまり美味しくなくてさ。ほんとの山形牛食べたい。

あと、やっぱ試合終了はAM2:00くらいがいいんじゃね?とか
マジレス。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/weathering/20090705