Weather Report : 部長日誌

2009-07-06

アイアンハート基本チェック

| 22:08 | アイアンハート基本チェック - Weather Report : 部長日誌 を含むブックマーク はてなブックマーク - アイアンハート基本チェック - Weather Report : 部長日誌 アイアンハート基本チェック - Weather Report : 部長日誌 のブックマークコメント

次回のGPマップアイアンハートに決まりました。投票にご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

現在ばくばくアニマルレースコミュニティ対抗戦が控えており、それらに照準を合わせて調整中ではありますが、ちょっと気分転換も兼ねて軽くアイアンハートをチェックしてみます。

まずはマップ画像をご覧あれ (クリックで拡大します)。

エリアは2つ。土地初期価値はいずれも80Gです。

ルートは2つ

の真下の2つが、右下と左下の2つがとなります。4つあるうち2つを回ってに戻れば周回となりますので、大きく2つのパターンが考えられます。

  1. 内周+外周折り返し(内周ルート)
  2. 外周をぐるっと1周(外周ルート)

前者は内側の小さい円を回るので「内周ルート」と呼ぶことにします。内周12歩でを通過し、外周22歩でまで折り返します。合計34歩のルートです。

後者は内側を通らず、に向かいます。その後折り返しでなく外周ルートをさらに南下し、エリアの境目のを通過。反対側の外周ルートを通ってに戻ります。合計32歩のルートです。

内周ルートの利点

歩数だけ見れば外周ルートのほうが有利ですが、内周ルートには2歩のディスアドバンテージより大きなメリットがあります。

  1. 外周折り返しは、往路と復路で2回同じ属性領地を確保するチャンスがある
  2. 外周の片側に高額領地が出来たとしても、反対側を往復すれば踏む可能性がない
  3. 内周の途中でタイミング良くパーミッションを引けば12歩で周回できる

というわけで、基本的には内周ルートがオススメかな?

外周ルートを選ぶなら

を回ると18歩。ここでリコールを使えば砦ボーナスを得た上で短距離周回が可能です。パーミッションの代わりにリコールを投入することで外周を選ぶことも悪くないでしょう。

また片側に集中してしまう内周ルートに比べ、両エリアクリーチャー配置しやすいのでリスク分散が可能になります。内周ルートを選ぶセプターは外周ルートの付近に近づきませんので、空き地を取れる可能性が結構高くなります。

外周を選ぶと土地は取りやすくなりますが、連鎖はなかなかできにくいかもしれません。足スペルやリープ系スペルで臨機応変に空地を狙ったり、地形変化スペルを駆使するなどして意識的に連鎖を増やしたいところです。

から6〜8歩と10歩

からヘイストホーリーワードXを使うとどこに着地するか。

  • HWXの10歩目は、内周ならば火・水、外周ならば祠の隣の無・火・水
  • ヘイストの6〜8歩は、内周ならば・地・風のどれか、外周ならば必ず火・水

あなたが火か水をやりたいなら、初手ヘイストと適切なクリーチャーが揃っているのが最高のオープニングとなるでしょう。初手でいきなり領地を確保しやすいので、すこし優遇されていると言えるかもしれません。

地や風は相対的に少し弱まります。もともと強い属性ではありますので、むしろこれでちょうど良いくらいでしょうか。

カード選択

内周ルートを選ぶ場合、属性が被ったりした場合は狭い領地を奪い合うことになります。ある程度の侵略力が必要になり、また相手の侵略を受け止める防御力も必要なので、クリーチャーは高コスト高性能になりやすいかもしれません。

外周ルートを選ぶ場合、内周ルート選択者が見向きもしない外周付近などがありますので、内周ルートほどには高性能じゃなくても大丈夫かもしれません。同じルートを往復する内周ルートに比べ、両エリアをぐるっと回る形なので、その分空地にアクセスしやすいし。それでも過信はできませんので、安くて手堅いクリーチャーを多めに入れるほうが良いかもしれません。

リコールパーミッションはどちらも使えそうです。両方入れるという選択肢はあるでしょうか? それは厳しいものがあるかもしれない。

というわけで、今のところはこんなところかな。どんなブックが強そうかとか、どんなスペルを入れるべきかとか、いろいろ考えたいことはありますが、それは後のお楽しみということで。ではでは、今日のところはここまで。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/weathering/20090706