Weather Report : 部長日誌

2009-12-10

もりかる修正案

| 08:55 | もりかる修正案 - Weather Report : 部長日誌 を含むブックマーク はてなブックマーク - もりかる修正案 - Weather Report : 部長日誌 もりかる修正案 - Weather Report : 部長日誌 のブックマークコメント

何事も、優先順位をつけるのは大事なことだと思います。枝葉の部分と幹の部分を同時に処理しようとすると大変なので、順番に考えていきましょう。

まず最初に、もりかるの存在意義であり中核となっているコンセプトは「勝つごとにブックの縛りがきつくなる」という点でしょうから、これを土台とします。

あらゆる要素は「勝つごとにブックの縛りがきつくなる」というコンセプトの魅力を最大限に高めるために配置されるべきですし、コンセプトから外れたり、外れてるとまではいえなくともコンセプトに直結しない要素は、できるだけ少なくしていくべきかと。

1勝昇級制

よって、まず主張したいのは「1勝するごとに階級が1つ上がるほうが良い」ということです。ポイント制よりもズバッとシンプルでわかりやすいというだけでなく、もっと重要なのは、結果的に初心者に優しい対戦会になるからです。

階級が上昇してブックの縛りがきつくなるというコンセプトは、上手い人とそうでない人が共存しやすいという性質があります。上手い人のブック縛りがきつくなってくれば、あまり上手くない人でも勝ちやすくなる。普段の対戦会ではなかなか勝てない人でも、これなら勝利を味わいやすい。こうした点は、もりかるの魅力に直結する大切な要素であるはずです。

1勝で昇級となると、上手い人はあっという間に1つ2つ階級が上がってしまうかもしれない。けどそれは、もりかるが上級者だけが楽しめるガチムチバトルを目指してるんじゃない限り、必要な部分だと割り切るべきかと思います。

なぜなら上手い人にはさっさと上の階級に行ってもらいたいからです。上手い人に対して「ちょっとずつレベルアップする楽しみ」を与えようとすると、いつまでも低い階級に上手い人とそうでない人が混在することになり、上手い人以外は勝てないという状況が長く続きます。

また、勝利をたくさん積み重ねないと昇級できない仕組みにしてしまうと、あまり上手くない人はなかなか昇級のチャンスに恵まれません。このバランスが取れるのが、1勝で昇級というあたりでないかと思います。

降級条件は緩く

次の主張は「降級条件は緩くしましょう」というもの。降級を一切なしにするか、1位昇級・2位3位変動なし・4位降級、ってあたりが落としどころかと。もしくは2回4位を取ると降級とか? この辺はドモさんのほうで煮詰めてくれると良いんじゃないかな。

せっかく昇級したのに、あっという間に降級というのも難儀なものです。上手い人にはどんどん昇級してもらって上のレベルで苦労してもらったほうが、全体にとっては有益だと思いますから、落ちてこられては嬉しくありません。降級した本人も、下の階級で頑張ってる人にとってもね。

上位陣同士の決戦について

不要というか、重要ではないと思います。

もりかるの「勝つほどにブックの縛りがきつくなると」いうコンセプトは、ブックの縛りに差がある人同士で対戦するという目的に繋がるはずです。

結果的に上位陣同士の対戦になったというならばまだしも、最初から決戦のようなことを仕組みに組み込むのは、もりかるのコンセプトがブレてしまいませんか?

どうしても上位陣、つまり階級が上の人たち同士で決戦のようなことをやりたいなら、最初から50ポイント縛りのブックを使うトーナメントを開催するほうが適切かと思われます。

もりかるは最後までフレイムロードゴブリンが一緒に遊ぶような対戦会が続いてこそ、その存在価値が最大に高まるんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。

優勝

単独1位の優勝を目指す大会より、最上位の階級を目指しながら対戦自体を楽しむ会にしてはどうだろう、と提案してみたい。各参加者の目的は、大会期間が終わるまでに最上位階級になること。もしくは最上位階級で1勝すること、としてもいいですね。フレイムロードで勝利したら、最上位階級「カルドラ」になるとか。

ただ上の階級を目指すだけじゃなく、たとえば終了時の階級に応じてメダルが貰えるとか、そういう特典を用意するのも良いかもしれません。最上位だと金メダル、2番目だと銀メダル、3番目の階級だと銅メダル、それ以下の参加者には参加賞メダルとかね。

もりかるのような対戦会は、優勝を狙ってしのぎを削るより、対戦自体を楽しむことに意義があると思うんです。あまり優勝争いってのは相性が良くないんじゃないかな。

どうしても優勝争いがしたいなら、対戦そのもの以外で決めるという方法もあると思う。たとえば今思いついたのは、もりかるで実際に勝利したブックを日記で公開してもらって、一番はてなスターを集めた人が優勝とか。勝利ってのがポイントね。ただ使っただけならどんなネタブックも公開できますが、ちゃんと対戦で勝ったものだけという縛りがあれば、ポイント制限の中で「面白い上に強いブックを作る」という挑戦ができるし。

……まあこれは適当な案ですが、いろいろみんなのアイディアを募集したりすると面白いかもしれません。

日程

コンセプトを最大に活かすことを考えたら、週末開催のほうが楽しみやすいような気がします。たくさん楽しみたいなら、好評を得ているかぎり何度も開催すれば良いだけですし。

1週間や2週間を使うリーグを開催する前に、いちどこんな感じで、試しに短期決戦に挑戦してみてもらえませんか。それで全然楽しめないようならまた対応策を考えましょうよう。

あと、普通の週末(土日)でもじゅうぶん面白い対戦会にできると思うんですが、もしそれでは短すぎるとしたら、月曜が祝日の日程を押さえて3連休にやってみるとかでもいいし。

とはいえ月曜が休みになるのは少し先だから、たとえば手始めに1月1日〜3日にやってみたりするのはどうでしょうか? ドモさんがもし忙しくても、他の誰かにやってもらうとかでもいいし。

来期リーグのポイント制

| 21:43 | 来期リーグのポイント制 - Weather Report : 部長日誌 を含むブックマーク はてなブックマーク - 来期リーグのポイント制 - Weather Report : 部長日誌 来期リーグのポイント制 - Weather Report : 部長日誌 のブックマークコメント

こんな感じにしようかなという検討中の数字。まず5戦目まで。

 1位2位3位4位切断
4人戦+100+50+30+10ー20
3人戦+80+40+20 ー20
2人戦+60+30  ー20
同盟戦+60+30  ー20

たぶん2人戦は導入しないと思いますが、一応設定してみました。んで6戦目以降は上記の 1/10 か、もしくは下記のゼロサムか、どちらか。

 1位2位3位4位切断
4人戦+30ー10ー10ー10ー10
3人戦+20ー10ー10 ー10
2人戦+10ー10  ー10
同盟戦+10ー10  ー10

6戦目以降のほうは単純なゼロサムなんで良いですよね。加点制のほうは、数字の根拠をちょっと説明してみます。

加点制の根拠

もし仮に2人戦・3人戦・4人戦が混在する対戦会があったとして、割り切れる数字ということで、12戦ずつプレイしたとしましょう。そしてその12戦で、各順位を均等に取ったとします。

 1位2位3位4位合計
4人戦3回3回3回3回12回
3人戦4回4回4回 12回
2人戦6回6回  12回

これがぴったり同じ条件になるようにするには、次の点数制度を採用すると良い感じになります。

 1位2位3位4位
4人戦+110+50+30+10
3人戦+90+40+20 
2人戦+70+30  

回数と掛け算してみます。たとえば4人戦1位は110点×3回で330点となりますね。そして合計は1位3回〜4位3回までを取った時の合計点数です。

 1位2位3位4位合計
4人戦330点150点90点30点600点
3人戦360点160点80点 600点
2人戦420点180点  600点

というわけで、もし仮に全ての順位が均等に取れてしまうような、ちょうど中間の実力を持つ人がいた場合、この点数制度を採用すると2人戦・3人戦・4人戦のいずれでも条件が(少なくとも机上の数字では)同じになります。

問題点

しかしこの点数制度には問題点が2つあります。もう1度見てみましょう。

 1位2位3位4位
4人戦+110+50+30+10
3人戦+90+40+20 
2人戦+70+30  

そう、何より重要なことに美しくないんです!

4人戦を5回やって5連勝したとき、順位表のポイントのところに「550点」と表示されるのは、全然美しくありません。やっぱり最高に美しいのは「500点」という表示でしょう。1勝なら100点。2連勝なら200点。10連勝なら1000点。何と美しいことか。

というわけで、次のような点数制度にしています。

 1位2位3位4位
4人戦+100+50+30+10
3人戦+80+40+20 
2人戦+60+30  

……冗談はさておき(半分本気ですが)、もちろん見た目以外にも大切なことがあります。それは「より優遇したい対戦形式はどれか」ということです。カルドセプトは2人戦でも3人戦でも4人戦でも楽しめますが、やはり4人戦こそが対人戦の標準であると「個人的には(ここ大事ね)」思っています。

ゲームの遊び方は人それぞれですから、2人戦こそが至高という人がいても良いと思う。ただ僕個人が4人戦のほうを優遇したいと思っていることと、僕が見聞きした範囲では同じように考えてくれる人が多いことから、僕が開催する大会などは4人戦を優遇したいのです。

上記の点数制にした場合、各順位を均等に取ると、次のような合計点になります。

 1位2位3位4位合計
4人戦300点150点90点30点570点
3人戦320点160点80点 560点
2人戦360点180点  540点

平均的な実力の持ち主の場合、2人戦や3人戦をプレイするより、4人戦ばかりプレイするほうが有利です。もちろん実際のゲーム展開などを考えれば一概には言えませんが、少なくとも数字上は有利な制度にしておきたかった。

4人戦と3人戦の差は10点ですが、3人戦と2人戦の差は20点あります。ここも、4人戦と3人戦の違いより、3人戦と2人戦の違いのほうがずっと大きいと考えているからこそです。

平均的なプレイヤーでも4人戦のほうが有利ですが、それ以上に差が生じやすいのは、勝率の良いプレイヤー(1位がたくさん取れるプレイヤー)です。何と言っても同じ試合数で獲得できる最大ポイントが違いますから、上位入賞を目指すなら4人戦以外は「おいしくない」選択肢です。

それでも3人戦などの選択肢を残したいのは、もし今後アクティブな人数が増えるようになったケースにも対応できるようにしたいと考えているからです。

まあ現実的にはあまり気にする必要はないかもしれませんが、こういう制度設計をする際には「if」を考えるタチなので……。もし何らかの幸運が起こってアクティブな人数が増え、初級プレイヤーの絶対数が増えた場合、3人戦という選択肢も残しておきたいのです。

同じ条件で3人戦と4人戦が並んでいた場合、上位を目指す人ほど4人戦のほうを選びやすい(選んだほうが有利)なフォーマットになっていますから、逆に3人戦はその分だけ相対的に、実力が近い人が揃いやすくなる……はず。まあそんなうまくいくかはわかりませんが、人の流れってちょっとした差とかで結構変わるからね。

そんな感じのことをああでもない、こうでもないと悩みながら作ったのが、この点数配分です。

 1位2位3位4位切断
4人戦+100+50+30+10ー20
3人戦+80+40+20 ー20
2人戦+60+30  ー20
同盟戦+60+30  ー20

そこまで考えると、結構よくできてると思いませんか? え、べつに思いませんか。そうですか……。

切断については対戦数に含めない予定なので、次に2位を取った場合は実質3位になるって感じのペナルティとして考えました。同盟戦については2人戦と揃えただけですね。

以上。しっかし、僕、こういうこと書くのって好きでしょうがないなぁ。ほとんどの人は興味ないと思うけど……。

domovoidomovoi2009/12/10 09:44ご意見ありがとうございます。
平日と土日開催は長い短いの問題ではなく、平日しかできない人と土日しかできない人の両方に参加してもらう、が狙いなので、週末で試しに、は1週間通しがダメならむしろ平日だけより都合がいいです。
これならムムリクさんの意見を全てとりいれた形にするのが最もしっくりきそうですね
それに2日間であれば、1勝で昇格、降格なし、決勝なし、は問題ないと思います
ただギルマンは運が左右しすぎるマップのため、降格なしは運ゲーの様相を一層ひきたてそうです
なのでマップをLBかQあたりの手堅いマップに変更して土地も通常にする必要がありそうです
あと、これは私の名誉のためにもはっきりさせたいですが、私は優勝目指すのが好きだからセプト部にいるわけではないです
優勝目指すだけならヤマトさんの優勝が決まってから6~8戦も対戦しませんし、ネタブックを使わず常にガチで対戦します
常に、強くなりたい、楽しく対戦したい、と思っています
なので決勝を作ったのは優勝争いをしたいとかではなく、上位陣が最後まで戦いを避けるのを回避するためなのと、2~4位に意味をもたせて数をこなせない方へのモチベアップですから、これらを満足させるような仕組みであれば他の形でもかまいませんし、2日であっさりなら回避もクソもないので決勝は余計と思います
それより問題なのはブック作成の煩雑さが大幅に加速することで、3クラス縛りは排除したほうが良いと思われますし、他に救済措置が必要かもしれません
それと1月1~3日は私はパーティを開く日なので都合があいませんので、誰かにやっていただくのがいいかもですね

もともとのもりかるは長期を想定しているのでポイント制だったり降格があったと思うので、私も短期向けに改造する場合は似たような事を考えていました
形をまとめてアップしておきます

wednesday1976wednesday19762009/12/10 10:41ワシは決勝はあっても良いと思うけどね~。
決勝っていうよりエキシビ?ポイント差のある
上位4人がどんなブックで出るか興味あるし。
あと、AP使った傾斜配点とか短期決戦なら良い気がするな~。
ファイターとかナイト以上で2ランク下倒したらAP5とか
新人戦でAP取られないようにガチで行ったの楽しかったので。
これなら、ゴブリンとかでも適当ブックってのがなくて
上位つぶす気になって盛り上がりそうな気がしなくもないんだね。
運がからむギルマンにも合いそう。
ブック構築がちょっとめんどいってのは、やっぱりあるから
初心者勢を取り込むなら、新ポイントでのサンプルブックを
前回もりかる上位勢にランクごとに1個とか作ってもらって
とか、面白いかも?

weatheringweathering2009/12/11 09:28ドモさん。
いろいろ意見を書かせてもらいましたが、もちろん最終的には主催者の判断が最優先だと思っています。盛り上がることを期待してる気持ちに偽りはありませんので、調整大変かもしれませんが頑張ってくださいねー。

ダイジさん。
APはうまく調整できれば面白そうですね。サンプルブックはよいアイディアだと思うし、作りたがる人は結構いそうだから、公募してみても良いかもしれませんねー。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/weathering/20091210