Weather Report : 部長日誌

2010-08-22

双発飛空船メモ

| 06:56 | 双発飛空船メモ - Weather Report : 部長日誌 を含むブックマーク はてなブックマーク - 双発飛空船メモ - Weather Report : 部長日誌 双発飛空船メモ - Weather Report : 部長日誌 のブックマークコメント

誰かに「こうしろ」という話でなく、自分用のメモです。

焼き

焼きが多いので、焼かれて困るブック or プレイングは自殺行為。普通のブックっぽく見えてもいきなりテンペが出てくることもある。いきなりテンペ → あそこでテンペがなければ勝ってたのにな、の流れは、もはや言い訳にもならない。

リフォーム

焼きが多いのと、特殊なブックを使う人が一定の割合いるせいで、リフォームが非常に多い。ホントにリフォの対象となるかどうかは別として、紳士のたしなみとしてアイテムは散らすべき。クローク2、カウンター2の構成とかだとリフォられた時に割と死ねる。実際、普段あまり見かけないスカラベ、ガセアスマジックシールドなどの使用率が若干上がっている模様。

パーミリフォ

パーミがリフォられた時にきついのは、付近に高額領地を作られることと、ただでさえ少ない聖堂機会がますます失われること。魔力がそこそこの時は、聖堂に寄るより周回を優先するほうが良さそう。8歩のロスは大きいので、聖堂は最低限の利用か終盤の仕上げに。

護符ブック

護符ブックシンリュウを見たら先上げする。焼くと喜ばせるだけなので、焼きは極力我慢する。どうせ護符の買い合いで出し抜くことはできないし、出し抜ける程度の相手ならどうやったって負けないはず。よって出し抜ける相手ではないという前提でプレイすべき。

地変

地変スペル4枚はきつい。4枚あるとたいてい序盤に1〜2枚引いてしまい、お金に困っているので撃てずに捨てるか、無理に撃って魔力不足に泣くか、ずっと手札に保持することになる。同じスペル枚数で、移動スペルなどで連鎖を確保するほうが有利ではないか。

初手パーミ

侵略要素や妨害が少なく、置き負けると辛いブックを使うなら、初手パーミは悪手。たとえ初手クリーチャーが無くてもパーミは温存してに向かうべき。周回数を増やして得た分の利益は、土地を埋められて伸び悩むリスクで相殺される。

初手マナ

初手移動スペルがなく、クリーチャーマナがある場合、火・風ブックならマナを使うべき。もし素ダイス3が出たらショップHW6を買って、次のラウンド初手フライ以外では取れないから9歩目の地点にクリが置ける。マナを使わないと手札を捨てることになるから、ダイス目3が出る可能性を考えるとマナは使っておくべき。

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/weathering/20100822