Hatena::Groupculdcept-ds

うろうろプレイノート

2010-01-24

【ゲームバトン】バーチャル世界のリアルな体験

| 14:41 | 【ゲームバトン】バーチャル世界のリアルな体験 - うろうろプレイノート を含むブックマーク はてなブックマーク - 【ゲームバトン】バーチャル世界のリアルな体験 - うろうろプレイノート


 先だって、カイチ(id:Kaichi)さんより「ゲームバトン」を

いただきました。最近ちょっと忙しく回答が遅れてしまいました

が、ようやく書けました~~。カイチさん、どうもありがとう

ございました(お辞儀


 【1.初めてTVゲームに触れた年齢とそのゲームは?】

 小学生の頃、どこかでテニスゲーム(ボールを打ち合うだけの

単純なゲーム。多分エポック社の『テレビテニス』と思われ)に

触れた。ただしものすごくあやふやな記憶。


 さらに、中学の修学旅行時にクラスメイトからゲームウォッチ

を借りて列車の中でプレイした。火事になったビルから飛び降り

た人を担架で助けるゲーム、面白かったよ♪


 ――その後はずっとゲームとは縁なし人生。でも、結婚したら

相方がゲームやる人でスーパーファミコンとメガドラ持ってた。

彼の影響でヴィデオゲームに目覚める。そのまま現在にいたる。


【2.現在何本ゲームを所有してる?】

 数えたことない~……通常の引越し用ダンボールでひと箱分

ぐらいかな? 基本的に買ったゲームはとことんやりこむタチ。

そしてめったに売らないw

(んでも、麻雀ソフト(SFC)で最初に字牌捨てたらCPUキャラ

に地和(チーホー)食らったブツだけは即座に叩き売ったな)


【3.今やってるゲームは?】

 自分では今は『DSカルド』と『カードヒーロー』ぐらい。

 子どもたちはいろいろ・いろい~ろやってます。

 (現在家にある稼動可能ハード:SFC、MD、PCエンジンCD-ROM2

ネオジオ、SSPSDCPS2(修理中)、WiiDS


【4.もっとも思い入れのあるハードは?】

 「セガサターン」です。

 『ヴァンパイアセイバー』『ダークセイバー』『ナイツ』

『バロック(BAROQUE)』『西暦1999』『バーチャロン』

『ディスクワールド』『ブレインデッド13』『コマンド・アンド

・コンカー』などなど――個性ムンムンで難易度たっかいソフト

が好きなのよ。何よりこれのおかげで『カルドセプト』にご縁

ができましたし。


【5.思い入れのあるゲーム五本は?】

 カルドはここでは「別格」なので除きますね。

以下、長いので「続き」をどぞ!




 →1『ダンジョンマスター』

   (SFC、PCエンジンCD-ROM2、SS


 ○――経験こそは力――○

 1986年に米国FTL社によって開発された、リアルタイム

コンピュ―ターRPG。2Dの画面内に擬似3Dの世界を作成し、

さまざまなオブジェクトを実現するという"箱庭システム"を

確立しました。

 特筆すべきは2点。

 まず、ゲーム内にリアルな「時間」の概念が導入されてます。

なので、プレイヤーキャラは時間の経過とともにお腹がへるし

ノドも乾く。また、寝ている最中にも周囲の時間は動いている

のでモンスターに襲われる心配もあり。ダンジョンの中では、

食料と水と安全の確保が欠かせません。

 それと、経験値が「行動」によって入る点もユニークです。

 武器を「振る」、手に持ったモノを「投げる」、呪文を「唱える」、

全て経験値につながります。ゲーム内で課されるクエストは

たったひとつ(「炎の杖」を手に入れる)ながら、ダンジョン内

でサバイバルする過程が楽しくていつまでもクリアしたくない、

もしくは何度でも地下にもぐるプレイヤー続出の伝説ソフト。

現在はファンが作成したクローンソフトで遊べます(※1)。



 →2『エコー・ザ・ドルフィン』

   (MD、DC


 ○――「時」を旅して戦うイルカ――○

 1993年にMD用として発売されたアクションゲーソフト。

洋ゲーです。画面がものすっごくきれい、自機のイルカが

可愛い……で当時は評判を呼ぶも激ムズ難易度で投げ出す人

続出のいわくつきゲー。


 ええ、買いましたよ私もご他聞にもれず店頭デモの美麗さ

に惹かれて。……ムズかった……あまりの難しさにしばらく

寝かせておいたらあらフシギ、プレイが進むように。ゲーム

って不思議ね。


 このソフト、とにかく海中の表現が出色です。青が本当の

本当に綺麗、イルカの動きがよく出来てて生きてるみたい。

自キャラを動かすことがこんなに「快感」なソフトはちょっと

ないですよ他に。

(だけに、そのイルカが酸素不足になると自分までが息苦しく

なってきて大変なんですけど)

 ただし、中身は典型的な「死んで憶えろ」ゲー。記憶力、

判断力、コントローラーさばきを極限まで要求されます。

(いや、クリアはあきらめてきれいな海でイルカ動かしてる

だけでも充分楽しい、ちゅー意見もある)


 あと、ストーリーがものごっつぶっ飛んでまして、中盤あた

りからイルカがタイムマシン使うわ、最後は宇宙に出てエイリ

アンの基地に殴り込みかけるわ、えらいことになってます。

 DC版ゲーム画面がムービーと区別つかない出来でびっくり。

緻密かつ想像の遙か上をゆく世界観描写と演出は一見の価値

あり。映画『アバター』観ても驚かない自信あるよ私(笑

 ニコ動にプレイ動画がいくつか上がってます。アカウント

ある方はぜひ「エコー・ザ・ドルフィン dc」で検索して

ご覧になってみてください。


f:id:yomimonoya:20080421215140j:image:left

 ↑ちょっと不鮮明ですが……自宅で写したDC版エコーの

一場面です(隠しステージでサッカー中)。画面手前が自機の

エコーたん、向こう側のデカいイルカが敵キャラ。



 →3『サムライスピリッツ』

   (AC、ネオジオ)


 ○――我、悪鬼羅刹となりて修羅道を征く――○

 私がアーケードで一番プレイしたソフト(次点はたぶん

『バーチャロン』だ)。刀で「斬る」アクションがめっちゃ

爽快だし、間合いをうかがう緊張感ヒリヒリも良かったな~。

 覇王丸の「立ち大斬り」とライデンの「大口径レーザー」

は自分の中ではドーパミンダダ漏れ度トップを争う双璧。



 →4『FRONT MISSION (フロントミッション)』

   (FSC


 ○――ロボ兵器+タクティクスオウガ――○

 ジャンルはシミュレーションRPG。タクティクスオウガの

ユニットが「ヴァンツァー」なる人型戦闘兵器になっている

――という感じ。


 ヴァンツァー回りの設定がひっじょーに緻密で多彩。架空の

兵器会社にいちいち沿革まで用意したのはこの作ぐらいか?

 ストーリーは重く、暗く、救いの薄い作り……なんだけど、

「戦争は虚しい」とつぶやきつつヴァンツァーのカスタマイズ

をえんえんいじり倒すのが悦楽。「ダスラークロー(右腕専用

近接戦闘武器・鋼鉄の爪)」の凶悪なフォルムにヨダレを

垂らし「ドンキーDX2」のけれん味たっぷりなミサイル射出エフェ

クトにうはうはする、そんなソフト。

 敵CPUの思考がせめてタクティクスオウガ並みだったら神な

ソフトだったのになぁ……それだけが残念至極。



 →5『バロック(BAROQUE)』

   (SS


 ○――その弾丸がアウトソーシングされた「苦痛」だと

  知ってなお、君は天使銃を撃つことができるのか?――

 アクションRPG。ヴィデオゲーム特有の「バーチャルな世界を

通じてプレイヤーがリアルな“痛み”を知覚してしまう」現象を

極限まで生かした傑作ソフト。


 デザイン、演出、音楽、効果音、一人称視点、ストーリー

……その全てが「自らの“痛み”と向き合う」一点に引き絞ら

れて構成されている。しかも、そのことはゲーム中では決して

直裁には語られることがない。

 自分の「痛み」を、「苦痛」をアウトソーシングして他者を

叩くことは間違っている――このソフトが暗黙のうちに示す

問題は現在いよいよ危急と言ってよいだろう。



 →番外編『デスタンク』

  (SS


 ○――燃える! 戦車対戦――○

 セガサターンSPF『西暦1999』のおまけゲームです。

 五角形の「戦車」を操作して最高6人までプレイできる対戦

ゲーム。自機以外の戦車を破壊するとポイントが入るシステム

同盟、裏切り、自爆(相手にポイントが入らない)あり。どうか

すると友人関係に亀裂が……という点でカルドと同様w


 ミサイル弾の射出の腕前が全てを左右します。カーソル左右

で照準(矢印)の方向調整、上下で発射する砲弾の威力調整。

Aボタンで発射。脱出が難しい谷間とかに自機がハマってる間

に敵方の砲弾がじりじりと近寄ってくる(何度も撃つうちに照準

が微調整されて次第に合ってくるのね)焦燥感がハンパない。

パーティーゲームとして超々お奨めよ! オンライン化激希望

(※2)



 ――以上でっす。ああ~楽しかった(自己満足)、バトンは

置いておきますので、ご希望の方はどぞどぞ~。



 ※1 以前にレビュー書きました。

   →http://yomimonokuroneko.sakura.ne.jp/profile/comment-2.html

 ※2 参考リンクはこちら。

   →http://ajisuke.fc2web.com/dt.htm

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/yomimonoya/20100124