Hatena::Groupculdcept-ds

うろうろプレイノート

2010-03-07

再・自己紹介

| 15:44 | 再・自己紹介 - うろうろプレイノート を含むブックマーク はてなブックマーク - 再・自己紹介 - うろうろプレイノート


 八朔(id:oudo_001)さんからバトン回していただきました。

どうもありがとうございます、謹んで回答させていただきます。


  ○セプター名

  「サカイカヲル」です。ネット上ではだいたい「カヲル」で

 出没中。

  ちなみにDSカルドでは「かをる.jp」だったり。


 ○略歴

  ・1998年

   お正月、私が実家に帰省している間に夫がサターン版無印

  カルドを購入。「これすんごく面白い!」とゆー電話報告を

  受け「ええっ、早くプレイしてぇぇぇ」と悶えまくる。帰宅後、

  即セプターになったことは言うまでもなし。

   2001年の夏にDCで続編が出ることは事前に深夜のゲーム

  情報番組で知りました。

   「あー、このソフト評判良いんだ~♪」と嬉しくなった。

  けどDC費用がなかなか捻出できなくて心の中に応援するだ

  けでした。


  ・2002年頃

   DC版セカンドドリームキャストと共に(ようやく)購入。

   それまで攻略本で眺めるだけだったカードをTV画面で

  見ることができて感動・感涙。

   しかし、ネット環境が無かったためオンの対戦はできず……。

  当時住んでいたのは埼玉県・蕨市でしたが、ネットできなか

  ったためオフ対戦の情報も得られず。ずっと夫かCPUキャラ

  と対戦してました。それはそれで楽しかったけど。


  ・2005年

   1月頃にP2を購入。その際にセカンド・エキスパンショ

  ンも注文して購入。(2002年に発売された当時のファミ通は

  しっかり買って、今でも持ってますよ。付録に「カード一覧

  ポスター」がありましたね・※1)


  ・2008年10月

   DS版を購入。私と息子二人で都合3本買いました、当然

  「予約」で。初めてネットの対人戦も遊びました、感激です! 

  現在は諸々の理由で私自身がネット対戦することはできま

  せんが、子どもたちは時々オンで遊んでます。今後は彼らを

  一人前のセプターに育てたいと思ってます(※2)。


 ○プレイスタイル

  ・「低速」が好きです、じわじわ~と進めるのが好き。

  ・他セプターのレポートをたくさん読んだにもかかわらず、

   対CPU戦法のクセがなかなか抜けません。「習い、性に

   なる」って怖いわね。(汗

  ・子どもと遊ぶ際には接待プレイが多いです。「合体ブック

   で合体優先とかウケます。


 ○好きな属性、好きなカード

   属性は「火」と「風」が好きかなぁ~、あの“危なっかしさ”

  が好ましい。

   単体のカードは断然「ニンジャ」が好きです。攻撃の手裏剣

  エフェクトかっくいい!


 ○好きなマップ、嫌いなマップ

   狭いマップが好きです。2のデュナンとか特に好き、ゼネス

  相手に何度回ったことか。

   多分に殴り合いが好きなんだと思われ。んでも、殴りが苦手

  な方には自重しますです。

   嫌いなマップは無し。カルドできるだけで御の字だもの。


 ○弱点

   「プレイスタイル」で書いたように、対CPU戦のクセが

  なかなか抜けません。アイテムの使いどころとかがねぇ……

  ついガマンしがちになっちゃうとか(汗


 ○所属

   「所属」……はて、セプト部以外に何かあったっけ?

   発言・発表の「場」は大事にしたい。けど、内輪でガッチリ

  まとまるのはニガテ。

   観客席の方々(カルドやってるけどコミュには属してない 

  方、あるいはまだカルドをやってない方)のことがいつも気に

  かかるのです、「客観性」という意味で。

   自分のいる場が外からどう見えるのか? という客観の眼

  は忘れずにいたい(※3)。


 ○人間関係

   2004年にネット環境を手に入れて以来、ぼちぼちとですが

  他セプターさんとも交流できるようになりました。水準の高い

  対戦レポートを書かれる方やユニークな視点をお持ちの方、

  カルドの二次創作をされてる方とは、機会が訪れるたび積極

  的にやり取りすることを心掛けてます(以前に雑誌の編集記者

  をやってた経験から、人見知りはあまりしません)。

 

 

 ○わたしにとってのカルドセプト

   「自分」を客観的に見ることのできるツール。同時に、

  他人を「知る」ための極めて有効なツール――でしょう。


   基本的に、他人の考えを学ぶことが好きです(※4)。

  カルドセプトというゲームはプレイする人の思考なり個性なり

  がハッキリと出るソフトで、その点での興味が尽きません。

   それと、同じブック・同じマップ・同じ対戦相手(CPU含

  む)で繰り返し対戦しても全く同じ過程を踏むことが(ほぼ)

  無い、という点にも面白さを感じてます。

 

   ちなみに、他人さまの対戦レポを拝読する上での着目点は

  こんな感じ。

   → 理路がキッチリしている

   → 視点がユニークである

   → 客観性がある(自分のことも「他人語り」として書く)

   → コントロールし得ない事象への畏敬の念

   → 不特定の人物が読む可能性を頭に置いている


  ○次に回す人

   カイチ(id:Kaichi)さんいかがでしょうか?

   前回「ゲームバトン」を回していただいて回答しました際、

 トラバ送るの忘れてしまいました……すみませんですぅぅぅ(滝汗



 ※1:こうしてあらためて書き出してみると……無印とDS版

   以外は先に攻略本を買って「見てるだけ~」状態が長かっ

   たんだなぁ自分(ホロリ

 ※2:2003年の秋、私にカルドを教えてくれた夫が急に亡く

   なってしまいました。

   その後子どもを連れて実家に帰り、現在に到る。実家の

   両親は(ご他聞に漏れずと言いますか)ヴィデオゲーム

   対する理解がまるでナッシングでして、今はひっそりこっそ

   りとしかゲームができません(涙)。せめて子どもたちに

   は、好きなゲームを適度に遊ぶ環境ぐらいは用意してやり

   たいと思います。

 ※3:カルドの二次創作(テキスト系)に取り組んでおりますが、

   それもセプター向けというより、一般の読み物好きな方に

   広く読んでいただきたい――という気持ちでやっております。

 ※4:拙エントリ「他人のアタマ」をご参照くださいませ。

   → http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/yomimonoya/20090516/1242442704

KaichiKaichi2010/03/08 20:23バトンありがとうございます!
トラバ如きでわたしのカヲルさんへのファン心は揺らぎませんのでご安心を。w
さらっと書くつもりがどうしても略歴が長くなってしまい、苦戦してます。もうちょっとあっためてからにしようかな。というわけで、もうちょっとまっててね〜。

yomimonoyayomimonoya2010/03/09 08:28○カイチさん
お早うございます、バトン受け取りありがとうございます!
カイチさんのカルド略歴、中身が濃いのでしょうね。楽しみにして
ゆっくり待たせていただきますね(お辞儀