Hatena::Groupculdcept-ds

うろうろプレイノート

2010-07-22

【Openculd】の世界観ネタです

| 01:10 | 【Openculd】の世界観ネタです - うろうろプレイノート を含むブックマーク はてなブックマーク - 【Openculd】の世界観ネタです - うろうろプレイノート



 id:aduさんの企画「Openculd」のために以前考案した世界観

ネタの再録です。





 『 — 魔法世界マジクレスト:魔術王の遺産 — 』


 ここは異次元宇宙の一つ、魔法宇宙。我々の地球と銀河が

属する物理宇宙とは違い、あらゆる物理法則の上位に特別な

エネルギーである「魔法力」が存在する宇宙である。


 魔法宇宙では、この「魔法力」によってあらゆる物理法則を

実現することができた。「術者」と呼ばれる人々は「魔法力」を

媒介する「魔力」を消費して「呪文」を唱えることで、各「呪

文」に対応する形あるもの(被造物者:クリーチャー道具

アイテム)あるいは現象(魔法の効果)を意のままに創り出す

ことができたのである。


 そのため、魔法宇宙に存するいくつもの「世界」(物理宇宙の

「惑星」に相当)ではいずこも、これらの「魔法力」を使いこな

す術者たちが覇を競っては激しい戦いに明け暮れていた。


 さて、魔法宇宙に浮かぶあるひとつの世界「マジクレスト」。

この「マジクレスト」のみはしかし、数えて150年あまりの

太平をひとり謳歌していた。

 というのも150年前、偉大なる魔術師「ザッディーン・

アロー」がこの世界から「魔法力」を分離し、「時の凍れる異世

界」として隔絶する実験に成功したからである。


 以来、「マジクレスト」では魔術師ザッディーンが作りし呪文

のみが「魔法力」を引き出すことができ、ザッディーンは文字通

り「世界の王者」として君臨した。そして長きに渡る争いに疲れ

果てた各地の民衆は、覇者となった魔術師を「聖なる魔術王」と

仰ぎ、魔術師もまた善政によってこれによく応えてきたのである。


 ——しかし、「魔術王」も人の身であればいずれ死すべき運命

からは逃れられず、ついに臨終の時は近づく。己の命の旦夕に

迫るを悟った彼は、晩年に生まれた一人娘「サージャ」を傍に

呼び寄せ、かく遺言した。


 「我が肉体は滅びを免れえぬもの、なれど我が意志は不滅なり。

  我は呪法によりて我が意志を「破片」と変え、「時の凍れる

 異世界」より「魔法力」を引き出すよすがとなさん。

  さすれば汝はこの王都に闘技場をば造り、広く民衆に触れ伝

 えよ。

  “集え、そして競え。新たに我が「破片」の主となりし者こ

 そは我が力の継承者にして「時の凍れる異世界」を司る者なれ

 ば、我が治世を受け継ぐも良し、意のままに力を振るいて世を

 驚かせるも良し、あるいは「時の凍れる異世界」に閉じ込めし

 「魔法力」の全てを開放し、この世をば再び混沌の淵へと差し

 戻すもまた良し”と。

  我は「破片」の内より全ての事の成り行きを眺めん」


 遺言が終わるとたちまちにしてザッディーンの身体は消え果て、

そこに大量の薄い石版が現れた。人の手のひらほどの大きさの

その石版こそが、魔術王の“遺産”であり「時の凍れる異世界」

より「魔法力」を招来する「カード」なのであった。

 サージャは父王の遺した言葉に従い、王都に巨大な闘技場を

建設した。そして広く民衆を集め、そこでひとつの「宣言」を

行った。


  「妾(わらわ)が父は身罷りしも、その意志を“カード”に

 託したり。この“カード”の力を最も理解し使いこなせし者

 こそが“魔術王の遺産”を継ぐべき者なり。

  妾はこの“遺産”の管理者なれば、その主を決めんがため、

 ここに“カードの戦い”を主催せんと欲す。

  民よ、力を望む者、知恵を尽くさんとする者、はたまた欲望

 のままに過ごすを夢みる者、なべてここに集いここに競いて

 “カード”の戦いをなせよ。妾が父なる王は曰く——


  “新たに「破片」の主となりし者こそは力の継承者にして

 「時の凍れる異世界」を司る者なれば、我が治世を受け継ぐも

 良し、意のままに力を振るいて世を驚かせるも良し、あるいは

 「時の凍れる異世界」に閉じ込めし「魔法力」の全てを解放

 し、この世をば再び混沌の淵へと差し戻すもまた良し”


  大望ある者どもよ、来たれ、そして戦え、「魔術王の遺産

 をその手に収めんがために!」

トラックバック - http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/yomimonoya/20100722